プロペシアのジェネリック

フィンペシア

ロゲインのジェネリック

カークランド

バイアグラのジェネリック

カマグラゴールド

レビトラのジェネリック

バリフ

シアリスのジェネリック

メガリス

ジェネリック医薬品を賢く通販する上での注意点


さて、ここまで「ジェネリック医薬品」について様々な角度からご紹介させていただきました。

特に、先発医薬品とジェネリック医薬品の薬価比較表をご覧になっていただいた方の中には、『すぐにでもジェネリックに切り替えたい!』、『1度は諦めていたけどやっぱり治療を開始したい!』と強く願う方もおられるかと思います。

しかし、このジェネリック医薬品を賢く利用する上で、まだ1つ懸案事項が残っています。それは、「日本では入手できない」という事実です。ここまでご紹介させていただいたジェネリック医薬品は、インド製・アメリカ製・ヨーロッパ製と、日本国内で開発・販売しているものはひとつもありません。

つまり、日本にいながらジェネリック医薬品を入手するには、今のところ「個人輸入」しか方法がないのです。普段、英語に馴染みのない私たちにとっては、この個人輸入はとても高いハードルに思われます。

海外業者と英語でコンタクトを取るのは非常に困難を極めますし、その業者が信用できるかどうかの見極めも残念ながらできません。粗悪品やあきらかな偽物が送られてきたり、お金だけ振り込んでそのままになってしまうケースも珍しくないようです。そこで、「個人輸入代行業者(サイト)を利用する」という解決案が出てくるのです。

個人輸入代行業者を利用する利点としては、「送料の負担軽減」があげられます。日本国内であれば全品送料無料での配送が基本となっています。小ロットの個人輸入では商品そのものよりも国際送料が高くつきますので、これは大変なメリットだと言えるでしょう。

終わりに

「AGA」の治療で効果が確認できるまでは、最低でも半年以上の時間が必要となります。また、「ED」も一時的な服用で回復するわけではなく、日常的にその都度服用するのが基本です。

つまり、「薬代」は月日と共に、ドンドンかさんでいってしまうのです。

実は、私自身もある持病を抱えており、年間でおよそ20万円の薬代を支払っていました。しかし、ジェネリック医薬品について一から勉強し直し、服用している薬の中で可能なものをジェネリック医薬品に切り替えたところ、実に年間6万円もの薬代を節約できるようになった経緯があります。

ジェネリック医薬品への切り替え経験者として、また医療従事者として、「できる限り早い段階でジェネリック医薬品の存在を知っていただき、治療費の節約をしていただきたい」と思い当サイトを作成いたしました。

当サイトを読んでくださった皆様が、ジェネリック医薬品についての理解を深めていただき、「ジェネリックの恩恵」を少しでも得ていただけたのなら、こんな光栄なことはありません。