プロペシアのジェネリック

フィンペシア

ロゲインのジェネリック

カークランド

バイアグラのジェネリック

カマグラゴールド

レビトラのジェネリック

バリフ

シアリスのジェネリック

メガリス

ジェネリック医薬品を賢く通販する上での注意点


さて、ここまで「ジェネリック医薬品」について様々な角度からご紹介させていただきました。

特に、先発医薬品とジェネリック医薬品の薬価比較表をご覧になっていただいた方の中には、『すぐにでもジェネリックに切り替えたい!』、『1度は諦めていたけどやっぱり治療を開始したい!』と強く願う方もおられるかと思います。

しかし、このジェネリック医薬品を賢く利用する上で、まだ1つ懸案事項が残っています。それは、「日本では入手できない」という事実です。ここまでご紹介させていただいたジェネリック医薬品は、インド製・アメリカ製・ヨーロッパ製と、日本国内で開発・販売しているものはひとつもありません。

つまり、日本にいながらジェネリック医薬品を入手するには、今のところ「個人輸入」しか方法がないのです。普段、英語に馴染みのない私たちにとっては、この個人輸入はとても高いハードルに思われます。

海外業者と英語でコンタクトを取るのは非常に困難を極めますし、その業者が信用できるかどうかの見極めも残念ながらできません。粗悪品やあきらかな偽物が送られてきたり、お金だけ振り込んでそのままになってしまうケースも珍しくないようです。そこで、「個人輸入代行業者(サイト)を利用する」という解決案が出てくるのです。

個人輸入代行業者を利用する利点としては、「送料の負担軽減」があげられます。日本国内であれば全品送料無料での配送が基本となっています。小ロットの個人輸入では商品そのものよりも国際送料が高くつきますので、これは大変なメリットだと言えるでしょう。

終わりに

「AGA」の治療で効果が確認できるまでは、最低でも半年以上の時間が必要となります。また、「ED」も一時的な服用で回復するわけではなく、日常的にその都度服用するのが基本です。

つまり、「薬代」は月日と共に、ドンドンかさんでいってしまうのです。

実は、私自身もある持病を抱えており、年間でおよそ20万円の薬代を支払っていました。しかし、ジェネリック医薬品について一から勉強し直し、服用している薬の中で可能なものをジェネリック医薬品に切り替えたところ、実に年間6万円もの薬代を節約できるようになった経緯があります。

ジェネリック医薬品への切り替え経験者として、また医療従事者として、「できる限り早い段階でジェネリック医薬品の存在を知っていただき、治療費の節約をしていただきたい」と思い当サイトを作成いたしました。

当サイトを読んでくださった皆様が、ジェネリック医薬品についての理解を深めていただき、「ジェネリックの恩恵」を少しでも得ていただけたのなら、こんな光栄なことはありません。

医薬品を通販で購入する際の注意点

個人輸入代行などを利用して医薬品などを購入する際には返品ができない、利用に際して全て自己責任になる、ということを確認しておく必要があります。

現在世界で流通している医薬品の約1割が偽物であることが分かっており、WHO(世界保健機関)も注意を促しています。

AGA治療やED治療も盛んになり需要が多くなると、それに比例するかのように偽物も増えてきます、プロペシアのジェネリックと言われるフィンペシアのような単価の安い薬では偽物を製造するにもコストが見合いません。

そのことを考慮すると、ED治療などに用いられるバイアグラなどの高額医薬品の場合、より注意が必要になると言えるでしょう。

本物と偽物の見分け方

偽物、粗悪品の医薬品が医療機関での処方箋から出回ることは考えにくく、その流通経路のほとんどがインターネットなどの通販によるものと推測されます。

信頼のできる通販会社を選ばなければいけないのはそういった理由からです。

本物なのか、偽物なのかを通販サイトの画像や説明書から判断することは難しいでことです。偽物を扱っている業者が「当社は偽物を扱っています」と表記するはずはありません。それを判断するためには実際に成分鑑定をしている業者であることを確認する必要があります。

しかし、成分鑑定を行っているという表記だけではやはり信憑性に欠けます。

そこでショップサイト上に成分鑑定書を掲示しているか?をしっかり確認しましょう。

AGAの治療薬、たくさん種類があって紛らわしい

AGAの治療に用いられる薬はフィナステリドという成分を含む薬か、ミノキシジルという血管を拡張する働きを持つ薬の場合が多いようです。併用する人ももちろんいる、というか併用する人の方が多いのかもしれませんね。

フィナステリドを含む薬は色々あって、一般的なのがプロペシア。プロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシア、エフぺシアなど。ジェネリック医薬品は効果が同じで値段は安いということで、個人的にネット通販でエフぺシアなどを取り寄せる人が多いのです。

フィンペシアは発がん性物質であるキノリンイエローをコーティング剤として使用しているということで、気にする人には避けられているという実態もあります。そういう人はキノリンイエローを使っていないエフぺシアやフィナロ、フィナバルドなどを使うようですね。

こう見ると同じように見えても細かな違いはあるものなのかもしれません。フィナステリドのお薬を購入する予定の方は、トレンドのようなものを把握しておくと安全で効果的なものを使えるかもしれません。

AGAの治療でEDになることがある

AGAの治療に使われるフィナステリドなどは、男性ホルモンの総量を抑え込むだかなんだかで、EDになる方もいるらしいです。

完全に副作用ですが、症状自体は軽度とのこと。それでも副作用にも個人差はありますから、あまりにEDがひどくてAGAの治療を断念する人もいるかもしれません。

これではどっちを取るかという話になってしまいますよね。EDの症状がひどい場合はですけど。髪の毛は維持できるけど全然下半身に元気がない。下半身に元気は戻ってきても髪は抜けていく。どれだけ外見を取り繕えても、いざというときに役に立たないんじゃ意味がありませんから、髪の毛を捨てるっていう選択もあるかもしれません。

まあフィナステリド以外の薬に頼るって手もありますし、男性ホルモンだって素人考えかもしれないけど要は善玉の男性ホルモンなら良いんじゃないんですかね?バランスの問題というか。髪の毛が生えて、自分に自信が持てればいろいろなことにやる気が出てきて自然に男性ホルモンが活発になってちょうど良くなりそうですけどね。

ED治療薬バイアグラで事故

EDの治療薬と言えば、よく聞くのはバイアグラですよね。本当にどんな薬なのか知ったのはここ数年でしたが、それよりも前からは意味は分からないもののその呼称は知っていました。まぁ今ではバイアグラってもう古くて、それと同じ成分使ったやすいものもたくさん出ているそうなんですけどね。

ところで、そのバイアグラですが、とある国で作られたものを服用し、事故が相次いでいるそうです。その国とは、中国。

なんでも、服用した後意識を失ったりして病院に搬送されるケースが、各国で相次いだそうです。その国の中には日本も入っていて、しかも、最悪の場合は死に至るケースもあるのだとか。

もちろん中国製と言ってもほんの一部だとは思うのですが、これはちょっと怖いですね。事故までは至らなくても、偽物も中国製だと結構多いみたいです。酷いのなんてチョークの成分ただ丸めただけ、みたいのもあるそうです。それくらいなら、飲んで効き目無かっただけで済みますけど、やっぱり体に悪いのは困りますよね。

ED原因除去のためには?

よく薬の通販サイトで、ED治療薬のバイアグラとかシアリスとか見ますけど、一番良いED治療法ってそれではないみたいですね。外国ではどうなのかわかりませんが、EDの原因を取り除くには、日本ではまずはカウンセリングが勧められているそうです。

まぁ確かに、EDって精神的な要因も大きいとは聞いたことありますけど…というか、EDの場合のカウンセリングってそもそもどの科に行くのでしょうか?まずそこから疑問です。

でもカウンセリングって…もし私が男性だとしたら、ちょっと躊躇いますね。単純に恥ずかしいし、どこまで話さなくちゃいけないか、とか、一体どこまでカウンセラーに突っ込まれるのかとかと考えると、ものすごく勇気いると思います。

それに、カウンセリングだとやっぱりそれなりに時間かかりますよね。1回何分か知りませんけど、たぶん1回じゃ終わらないだろうし。それなら通販でよく売ってる薬使った方が時間的にも精神的にも楽なのではないでしょうか?

AGA治療は薬を飲むだけ

抜け毛や薄毛はお医者さんに相談した方がいいとは思うんですけど、同時にお医者さんに行くことに対して抵抗もあります。というのは、男性の抜け毛や薄毛の原因はAGAであることが多く、AGAの治療は主にお薬を服用することだってことが気になるからです。

AGAに用いられる薬はフィナステリドっていう医薬成分と、ミノキシジルという医薬成分らしいです。このフィナステリドは服用すればAGAの進行を食い止めることが出来ますから、AGAと診断されればフィナステリドの服用が主な治療法となる。

ミノキシジルは今CMなんかでも出てくる市販の育毛剤に入っていますが、外用薬として使うよりは頭皮に注射するか服用するという方法で使われるようです。外用薬として使うより効率が良いようで。

つまり、お医者さんに相談したら最後、服薬生活が待ってるっていうパターンに嫌でもなってしまうのではないかというのが私の心配な点です。

出来れば薬なんかは使わずに、頭皮の状態や原因などを詳しく追及し、食生活や生活習慣を変えるヒントをもらうっていう風なのが理想です。頭髪のことでお医者さんに行けるのはありがたいですが、AGA即服薬っていうドライな治療じゃなくて、同時にカウンセラーとしての役割もこなしてはいただけないかと思うのです。

つまり、どれだけ親身になってくれるのかなっていう心配があるのですね…。

AGA治療の効果は一時的

男性型脱毛症であるAGAの治療って、ちゃんとした病院でやってもらうと結構お金かかるみたいですね。保険がきかないからみたいです。

値段を調べてみたのですが、大体薬と問診合わせて月1万円くらいが相場みたいです。でも確かAGAの治療って、基本は半年続けなくちゃいけないみたいですからね。大学生や若い人によっては結構な出費かもしれませんね。ちなみに、有名な病院とかだと3万円とか1月にかかるみたいです。

まぁそれで、一生髪がフサフサなら安いものかなぁとも思ったのですが・・・実は効果も一生続くものじゃないみたいです。それどころか、1~2年くらいで治療効果が切れるため、何もしないとその後また再発して薄毛になってしまうのだとか。

何万円もお金をかけたのに、すぐ効果が切れてまた再発してしまうなんて、ちょっと金銭的にも優しくない病気ですね。というか、これじゃあ「不治の病」じゃないですか、AGAって。

それなら、せめて一回の治療にかかるお金を安く抑えたいところですね。何か他に、安く済む治療って無いのでしょうか?