プロペシアのジェネリック

フィンペシア

ロゲインのジェネリック

カークランド

バイアグラのジェネリック

カマグラゴールド

レビトラのジェネリック

バリフ

シアリスのジェネリック

メガリス

バイアグラとジェネリックの価格比較

ここでは、EDの治療薬「バイアグラ」とそのジェネリック医薬品の価格比較をしてみたいと思います。

ジェネリックバイアグラには、カマグラゴールド・カベルタ・シルデナフィル・ベガ・ペネグラ・ゼネグラ・シラグラ・ビゴラ・マンフォース・Pフォースなどが販売されています。主成分はバイアグラと同成分のクエン酸シルデナフィルです。

まずは、先発医薬品であるファイザー製薬の純正品バイアグラです。

本来なら厚生労働省で「薬価」が決められ、「この薬はいくら」と全国一律で価格が決まっているのですが、(前述の通り)EDの治療は薬剤費も含めて全額自己負担の自由診療のため、薬価も病院や販売業者単位で自由に決められています。ですので、「バイアグラはいくら」とはっきりした価格はないのですが、ファイザー製薬から発売されているバイアグラ100mgは、1錠2,000円を目安に決められているようです。

それでは、「ジェネリックバイアグラ」はどうでしょうか?人気の「カマグラゴールド」と「カベルタ」を例に薬剤費を計算してみます。

カマグラゴールドは4錠1,229円ですので、1錠あたり307円になります。1錠2,000円程度のファイザー社のバイアグラと比べると、6~7分の1程度まで薬剤費が安くなります。

バイアグラ純正品とジェネリックバイアグラを2分割・4分割した際の1錠当たりの薬価表

ここでの注意点は有効成分であるシルデナフィルの含有量です。上記のジェネリック医薬品は1錠あたり100mgになっておりますが、これは欧米人などの体格を考慮した量になっています。日本国内で発売・服用されているバイアグラは25mg・50mgになっておりますので、自分の体格や服用効果を考慮してピルカッターなどで2分割・4分割して服用を継続する必要があります。

薬名1服用あたりの薬価(2分割50mg)1服用あたりの薬価(4分割25mg)
純正バイアグラ1,000円500円
カマグラゴールド153円76円

ここでは、仮に1年間純正バイアグラを服用した場合と、ジェネリック医薬品のカマグラゴールドを服用した場合の年間費用を計算してみます。

週に2度パートナーとの性行為があると仮定して、月に8度・年間で96度4分割した25mgを服用したとします。純正バイアグラは1錠500円ですので、年間薬剤費は500円×96回=48,000円、カマグラゴールドは1錠76円ですので、年間薬剤費は76円×96回=7,296円になります。


バイアグラ純正品とジェネリックバイアグラを2分割・4分割した際の年間費用一覧表

最後に、ファイザーの純正プロペシアと各ジェネリック医薬品の2分割(50mg)・4分割(25mg)服用時の年間費用(96回として)を、一覧表として下記にまとめておきましたのでご参考にしてください。

薬名年間費用(2分割50mg)年間費用(4分割25mg)
純正バイアグラ96,000円48,000円
カマグラゴールド14,592円7,296円

次は、レビトラとそのジェネリック医薬品の価格比較をしてみます。