プロペシアのジェネリック

フィンペシア

ロゲインのジェネリック

カークランド

バイアグラのジェネリック

カマグラゴールド

レビトラのジェネリック

バリフ

シアリスのジェネリック

メガリス

AGAとジェネリック医薬品

AGAの治療にジェネリック医薬品を勧めたい訳

AGAの治療には保険が効かないため莫大な治療費がかかります。

先程、年間約18万円という概算を出しましたがこの金額は決して安くはありません。また、ご家族(特に奥様)の同意も得づらいのではないでしょうか?

例えば、これが生命に関わる重い病気で「治療しないと死ぬ」という状況であれば、ご家族の方もどんなに生活が厳しくても、「支払わない」という選択はありません。しかし、AGAは治療しなくても実生活に支障が出るわけでもありません。

ですので、「俺はハゲで悩んでいるから年間18万かけて治療する」と奥様に伝えたらどうなるでしょうか?

「そんなお金どこから出るの!?別に死ぬわけでもないのになんでそんなお金出さなきゃならないの!」と怒鳴られてしまうかも知れません。しかし、当の本人にとってはデリケートな大きな悩みです。「なんとか理解をしてもらい治療を受けたい」、そこで「ジェネリック医薬品」が登場してくるわけです。

ジェネリックを賢く利用すれば薬代を節約することができます。治療費を抑えることでご家族の同意も得やすくなりますし、「毎月のお小遣いの中からやりくりして治療費を捻出する」という選択肢も可能となります。

AGA治療薬のジェネリック医薬品ってあるの?


プロペシアのジェネリック医薬品

代表的なAGA内服薬のプロペシアには、ジェネリック医薬品のフィンペシアがあります。

フィンペシアは、プロペシア同様のフィナステリド1mgを主成分としています。しかし、正確に言えばフィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品ではありません。実はプロペシアの特許が切れるのはまだ先の事で、それまでは特許の関係からジェネリック医薬品を製薬することはできません。

ところが、フィンペシアはインド製の薬剤で、そのインドでは国の法律として医薬品の特許を認めておりません。したがって、特許の有効期間を問わずプロペシアと同成分のフィンペシアが生産することが可能となっています。それを、便宜上「ジェネリック医薬品」と呼んでいます。

フィンペシア


その他、ジェネリック医薬品ではありませんが、プロスカーという薬があります。プロスカーは、プロペシア同様の「フィナステリド」を主成分としています。本来は前立腺肥大症の治療薬なのですが、主成分がフィナステリド5mgですので、プロペシアやフィンペシアと同成分の薬となります。

プロスカー


AGA治療に有効成分フィナステリドを使用する場合、1日につき1mgが原則であり、それ以上の服用には「性欲減退」や「勃起不全」などの男性機能低下の副作用が出てしまう恐れがあります。従って、プロスカーをAGA治療薬として使用する場合、必ずピルカッターなどでで5分割する必要があります。このように、1錠を5分割して服用するため、プロスカー1錠でプロペシア5錠分を保有していることになります。

また、このプロスカーのジェネリック医薬品に、フィンカーがあります。フィンカーは、プロスカー同様のフィナステリド5mgを主成分としています。

フィンカー


ロゲインのジェネリック医薬品

代表的なAGA外用薬のロゲインには、ジェネリック医薬品の「カークランド」があります。カークランドは、ロゲインと同様のミノキシジル5%を主成分としています。

カークランド


また最近では、ミノキシジルタブレット(ミノタブ)と呼ばれる錠剤タイプの内服薬もあり、5mgと10mg共に人気があります。

ミノキシジルタブレット


さて、このページで紹介させていただいたジェネリック医薬品は先発医薬品と比べて、実際どれくらいの価格差があるのでしょうか?...次は、プロペシアとそのジェネリック医薬品の価格比較をしていきます。