プロペシアのジェネリック

フィンペシア

ロゲインのジェネリック

カークランド

バイアグラのジェネリック

カマグラゴールド

レビトラのジェネリック

バリフ

シアリスのジェネリック

メガリス

もう一度EDをおさらいしよう

EDって何?

EDとは、英語で「Erectile Dysfunction」の略で「勃起不全」の意味です。勃起不全と聞くと、「勃起ができない状態」に捉えがちですが、勃起に時間がかかったり、挿入できるだけの硬さにならなかったり、挿入できても途中で萎えてしまったり(中折れ)してしまうのも「勃起不全」の症状です。

専門的には、「性交時に十分な勃起やその維持ができずに満足な性交が行えない状態」と定義されています。

EDって、どうして起きるの?

EDの原因は、器質的な障害(身体的な病気が原因のもの)と、心理的な障害(精神的緊張や精神的な病など)に分けられます。

器質的な障害の代表的な例が「加齢」です。誰しも歳は取るものなのでどんな方でもEDになる可能性があります。加齢によるEDの原因のひとつに、動脈硬化による血管障害(血液の流れが悪くなる事)が挙げられます。

勃起は男性生殖器への血流が高まる事で起こる現象なので、動脈硬化などで血液の流れが悪くなると当然EDになる確率も高くなります。また、糖尿病・高血圧・高脂血症・心神経障害など血液循環に関連する生活習慣病もEDの危険因子になります。普段の生活から生活習慣病の予防に努める事で、EDの予防にも繋がります。

心理的な障害は、日常生活でのストレス・社会的不安(現実心因)・本人には意識のない心理的原因(深層心因)が引き金となって起きます。現実心因の代表的な例としては、過去にパートナーの一言に傷ついたり、上手く性交ができるか不安で過度の緊張状態に陥ったりする事が挙げられます。また、単純に疲れている場合も現実心因になります。

深層心因は幼児期の体験や性的なトラウマが要因となっているケースが多いです。本人の意識がないため原因の特定が難しく、治療自体が困難であったり、治療が長期間に渡る場合も多くなります。

EDに対する女性の認識

EDという言葉自体はかなり浸透していますが、EDの症状や原因まで理解している女性は少ないでしょう。パートナーの男性が勃起不全になったとき、「魅力がないせいなのでは?」と自分を責めてしまう女性もいるようです。

その一方で、「パートナーを満足させられない」と男性側も自分を責めてしまい、性行為自体を避けてしまう傾向もあります。男女間にとって、性行為はとても大切なスキンシップです。お互いが自分を責めてしまうことでリレーションシップが上手くいかなくなる事も当然考えられます。

EDが原因で離婚したという話もよく耳にします。大抵の場合「性行為に自信がなくなった男性」と「求められなくなり自信を失った女性」の気持ちの擦れ違いが原因である事が多いです。EDは正しい治療を行うことで治る病気であることを男性側がしっかりと認識しなければなりません。そして、EDの原因が女性側にはない事をきちんと説明する事が重要になります。

EDの治療法って?

ED治療の第一歩としては、病院の泌尿器科で専門医の診察を受け、あなたの症状に応じた「ED治療薬」を処方してもらうのが一般的です。診察は問診であり触診ではありませんので、見られたり触られたりする心配は必要ありません。

EDの薬には、「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」があり、これを「ED3大治療薬」と呼んでいます。

バイアグラ

「バイアグラ」の主成分は「クエン酸シルデナフィル」で、米国ファイザー社が特許を所有。実績・信頼ナンバーワンのバランスの取れたED治療薬であるが、副作用と食事による影響が強い。効果が現れるのが遅く持続時間も短いというデメリットがある。日本では1999年に製造販売承認。

レビトラ

「レビトラ」の主成分は「塩酸バルデナフィル」で、ドイツのバイエル社とイギリスのグラクソ・スミスクライン社が共同開発。効果の強さと即効性に優れる。服用後25分から最大5時間効果が持続。バイアグラを改良した薬剤の為、副作用と食事の影響を受けやすいバイアグラの欠点が克服されているが併用禁忌薬が多い。日本では2004年に製造販売承認。

シアリス

「シアリス」の主成分は「タダラフィル」で、米国イーライリリー社が特許を所有。もっとも新しく開発されたED治療薬。特徴は持続時間で24~36時間と圧倒的。食事やお酒(アルコール)の影響もないため服薬のタイミングを気にする必要がない。ED3大治療薬の中で一番優れていると言われている。日本では2007年に製造販売承認(※持続時間は、性的刺激を受けた際に効果を発揮する時間です。服用直後から持続時間の間ずっと勃起しているわけではありません)。

「3大治療薬」の中ではシアリスが一番優れていると言われていますが、「自分に合うか合わないか?」は実際に服用してみないとわからない部分です。「シアリスを試したが頭痛の副作用が強く性行為に集中できなかった」という方もいます。「どの薬が自分の体に一番合うのか?」を一通り試して見るのがいいでしょう。

EDの治療費はどれくらい?

やはり一番気になるのは「治療費」です。

実はその治療費が、ED治療の継続に際しての一番のネックになっています。冒頭でも述べましたが、EDは診察・処方・その他に関わる全ての治療が保険適用外の自由診療の扱いです。

普段、病気や怪我で病院に行く際には必ず健康保険証を持って行きます。保険が適用されるので治療費の3割が患者負担、残りの7割が国負担になります。しかしED治療の場合、国負担の7割が適応されませんので、全額患者負担となるのです。

例えば、バイアグラは大体1錠2,000円といわれています。これを週2回の計算で1ヶ月間飲み続けると2,000円×8日=16,000円になります。さらに診察料・検査料などを含めると、毎月20,000円以上の治療費がかかる計算になります。仮に1年間治療を続けたとすると、薬剤費だけでも16,000円×12ヶ月=192,000円、治療費合計では20,000円×12ヶ月=240,000円にもなってしまいます。

「セックスを思う存分楽しみたい。パートナーの女性とのリレーションシップを大切にしたい...しかし、治療費が高い!」、ここが大きな問題なのです。