プロペシアのジェネリック

フィンペシア

ロゲインのジェネリック

カークランド

バイアグラのジェネリック

カマグラゴールド

レビトラのジェネリック

バリフ

シアリスのジェネリック

メガリス

もう一度AGAをおさらいしよう

AGAって何?

AGAとは、「Androgenetic Alopecia」の略で、「男性型脱毛症」の意味です。成人男性によく見られる「髪が薄くなる状態」のことをいいます。統計上では、16%の男性がAGAに悩まされているといわれ、男性にとって将来とても不安な症状の一つです。

AGAの進行は、まずこめかみあたりの脱毛から始まり生え際が後退し、俗に言う「Mっパゲ」の形になります(※頭頂部から脱毛が進行する方もいます)。このAGAは放っておくとドンドン進行してしまうのが怖いところです。つまり、早め早めの対処がAGA治療のカギを握ってます。

AGAって、どうして起きるの?

AGAには、遺伝・環境など様々な要素が関わっていると考えられておりますが、結局のところ「染色体中の男性ホルモンが関係している」という事が解明しつつあります。男性の性染色体は「XY」、女性の性染色体は「XX」なのですが、この男性のXY染色体にある男性ホルモンのアンドロゲンが深く関わっているようです。

Aさんという男性がいたとします。Y染色体は男性しか持っていないため、Aさんの染色体「XY」の「Y」は父親から、「X」は母親から受け継がれたものと断定できます。

Aさんの母親は女性なのでもちろん「Y染色体」はありません。X染色体の中の「男性ホルモン」がAGAの原因だと考えられているので、その原因となる男性ホルモンを持っているX染色体は、母方の祖父から受け継がれたものとこちらも断定できます。ですので、母方の祖父の髪が薄かった場合は、Aさんも将来髪が薄くなる(AGAになる)可能性が高いと考えられます。

AGAに対する女性の反応

さて、ここでAGAの方にとっては厳しい現実をお伝えします。

二十代の結婚適齢期の女性を対象としたアンケートで、「お見合い写真の男性がハゲていたらどうする?」という項目に対して、約半数の女性が「条件次第でお見合いぐらいしてもよい」という回答をしています。

ストレートにいってしまうと、ハゲている段階で半数の女性が脱落、もう半数も「条件次第で可」というずいぶん上目線な、AGA男性にとっては生々しいショックな結果となってしまっているのです。

AGAの治療方法は?

AGAの治療で一番大切なことは、「できるだけ早く治療を始める」という事です。AGAは放っておくと確実に進行していくため、遅れをとると治療期間が長引くと共に、元の状態に戻りにくくなってしまうのです。

「ハゲ対策に走るのは恥ずかしい」という気持ちもあるのかも知れませんが、AGA対策は早目早目に第一歩を踏み出す必要があるのです。さて、病院やクリニックで診察を受け、「AGA」と診断が下されると主に服薬治療となります。AGAの治療に使用する代表的な薬は以下の2つです。

プロペシア(内服薬)         ロゲイン(外用薬)

「プロペシア」は、男性ホルモンの働きを抑え抜け毛を減らす働きをする薬剤であり、「ロゲイン」は、(栄養分が頭皮にスムーズに行き渡るよう)頭皮の血管を拡張し発毛を促す薬剤です。「プロペシアは抜け毛を減らす効果が主」、「ロゲインは発毛を促す効果が主」、と覚えておくと理解し易いと思います。

AGAの治療費はどれくらい?

やはり、一番気になるのは「治療費用」です。

実はその治療費が、AGA治療の継続に際しての一番のネックになっています。冒頭でも述べましたが、AGAは診察・処方・その他に関わる全ての治療が保険適用外の自由診療の扱いです。

普段、病気や怪我で病院に行く際には必ず健康保険証を持って行きます。保険が適用されるので治療費の3割が患者負担、残りの7割が国負担になります。しかしAGA治療の場合、国負担の7割が適応されませんので、全額患者負担となるのです。

例えば、プロペシアは大体1錠250円といわれています。これを1ヶ月間飲み続けると250円×30日=7,500円になります。さらに診察料・検査料などを含めると、毎月15,000円前後の治療費がかかる計算になります。仮に1年間治療を続けたとすると、薬剤費だけでも250円×365日=91,250円、治療費合計では15,000円×12ヶ月=180,000円にもなってしまいます。

AGAは早めに治療に踏み切る事ができれば、かなり高い確率で回復に向かう症状です。「できれば早く対策を行いたい...しかし、治療費が高い!」、ここが大きな問題なのです。