プロペシアのジェネリック

フィンペシア

ロゲインのジェネリック

カークランド

バイアグラのジェネリック

カマグラゴールド

レビトラのジェネリック

バリフ

シアリスのジェネリック

メガリス

もう一度AGAをおさらいしよう

AGAって何?

AGAとは、「Androgenetic Alopecia」の略で、「男性型脱毛症」の意味です。成人男性によく見られる「髪が薄くなる状態」のことをいいます。統計上では、16%の男性がAGAに悩まされているといわれ、男性にとって将来とても不安な症状の一つです。

AGAの進行は、まずこめかみあたりの脱毛から始まり生え際が後退し、俗に言う「Mっパゲ」の形になります(※頭頂部から脱毛が進行する方もいます)。このAGAは放っておくとドンドン進行してしまうのが怖いところです。つまり、早め早めの対処がAGA治療のカギを握ってます。

AGAって、どうして起きるの?

AGAには、遺伝・環境など様々な要素が関わっていると考えられておりますが、結局のところ「染色体中の男性ホルモンが関係している」という事が解明しつつあります。男性の性染色体は「XY」、女性の性染色体は「XX」なのですが、この男性のXY染色体にある男性ホルモンのアンドロゲンが深く関わっているようです。

Aさんという男性がいたとします。Y染色体は男性しか持っていないため、Aさんの染色体「XY」の「Y」は父親から、「X」は母親から受け継がれたものと断定できます。

Aさんの母親は女性なのでもちろん「Y染色体」はありません。X染色体の中の「男性ホルモン」がAGAの原因だと考えられているので、その原因となる男性ホルモンを持っているX染色体は、母方の祖父から受け継がれたものとこちらも断定できます。ですので、母方の祖父の髪が薄かった場合は、Aさんも将来髪が薄くなる(AGAになる)可能性が高いと考えられます。

AGAに対する女性の反応

さて、ここでAGAの方にとっては厳しい現実をお伝えします。

二十代の結婚適齢期の女性を対象としたアンケートで、「お見合い写真の男性がハゲていたらどうする?」という項目に対して、約半数の女性が「条件次第でお見合いぐらいしてもよい」という回答をしています。

ストレートにいってしまうと、ハゲている段階で半数の女性が脱落、もう半数も「条件次第で可」というずいぶん上目線な、AGA男性にとっては生々しいショックな結果となってしまっているのです。

AGAの治療方法は?

AGAの治療で一番大切なことは、「できるだけ早く治療を始める」という事です。AGAは放っておくと確実に進行していくため、遅れをとると治療期間が長引くと共に、元の状態に戻りにくくなってしまうのです。

「ハゲ対策に走るのは恥ずかしい」という気持ちもあるのかも知れませんが、AGA対策は早目早目に第一歩を踏み出す必要があるのです。さて、病院やクリニックで診察を受け、「AGA」と診断が下されると主に服薬治療となります。AGAの治療に使用する代表的な薬は以下の2つです。

プロペシア(内服薬)         ロゲイン(外用薬)

「プロペシア」は、男性ホルモンの働きを抑え抜け毛を減らす働きをする薬剤であり、「ロゲイン」は、(栄養分が頭皮にスムーズに行き渡るよう)頭皮の血管を拡張し発毛を促す薬剤です。「プロペシアは抜け毛を減らす効果が主」、「ロゲインは発毛を促す効果が主」、と覚えておくと理解し易いと思います。

AGAの治療費はどれくらい?

やはり、一番気になるのは「治療費用」です。

実はその治療費が、AGA治療の継続に際しての一番のネックになっています。冒頭でも述べましたが、AGAは診察・処方・その他に関わる全ての治療が保険適用外の自由診療の扱いです。

普段、病気や怪我で病院に行く際には必ず健康保険証を持って行きます。保険が適用されるので治療費の3割が患者負担、残りの7割が国負担になります。しかしAGA治療の場合、国負担の7割が適応されませんので、全額患者負担となるのです。

例えば、プロペシアは大体1錠250円といわれています。これを1ヶ月間飲み続けると250円×30日=7,500円になります。さらに診察料・検査料などを含めると、毎月15,000円前後の治療費がかかる計算になります。仮に1年間治療を続けたとすると、薬剤費だけでも250円×365日=91,250円、治療費合計では15,000円×12ヶ月=180,000円にもなってしまいます。

AGAは早めに治療に踏み切る事ができれば、かなり高い確率で回復に向かう症状です。「できれば早く対策を行いたい...しかし、治療費が高い!」、ここが大きな問題なのです。

AGAという言葉と共に薄毛や抜け毛は病院で治すものだという認識が広まりました

少し前までは聞きなれなかったAGAという言葉も、最近ではしっかり浸透しましたよね。爆笑問題のお二人が出演しているCMがきっかけだと思いますが、初め見たとき、あれにはなんとも言えない安心感を抱いたものです。だって、禿げてきたっていうパーソナルな悩みをお医者さんに相談できて、医学的に解決してくれるかもしれないという希望を抱かせてくれたのですから。ただのコンプレックスや衰えではなく、AGAという男性には起こりやすい脱毛の症状なのだと思うことで気持ちも落ち着きますし、また、医学的に解決できるってことは原因があるっていうことでもありますから、他の病気と同じように早期発見、早期治療が大事だって認識になります。これは積極的に自分の頭髪について考えられるきっかけになるのではないでしょうか。育毛や発毛専門のお店にはやはり相当悩まなければなかなかいけないと思います。まだそんなレベルじゃないなんて思っちゃって。それで結果的に、あえて病気っぽく言えばかなり進行してからやっと頭髪へのアプローチを始めるのですから、育毛や発毛が思うように進まないのは当然ですよね。お医者さんに相談だっていうのはほんとに説得力があと思います。

AGAの原因は男性ホルモンにあり。悪玉憎んで善玉憎まず

AGAは日本語で言うと男性型脱毛ってことで、基本的には男性特有の禿げ方だそうです。実は女性も男性型脱毛起こることがあるといいますし、意外に多いらしいのですが、男性と女性では症状というか髪の毛の減少の仕方が違うようです。男性のAGAの場合頭頂から抜けていったり、前からきたり前とてっぺん両方から来たり。女性の場合てっぺんの髪の毛が細くなっていくのが特徴だと言いますから、男性のそれよりは見た目マシかなって感じでしょうか。結局、女性にも男性ホルモンはあるからAGAは起こることがあるのだそうです。男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素の一種の作用で悪玉男性ホルモンに変わる。この悪玉男性ホルモンが毛を抜き、生えなくさせるヤツなんだそうです。もちろん、男性の方が男性ホルモン多いですから、基本的には男性に多く見られる脱毛ってことですよね。ちくしょう男性ホルモンめと思うかもしれませんが、男性ホルモンは私たち男性の体を頑丈に、男らしく保ってくれる大切なホルモンです。運動や仕事でも必須のホルモンですよね。だから憎むべきは悪玉男性ホルモン。悪玉男性ホルモンを減らす方法を考えましょう

悪玉男性ホルモンの過剰分泌がAGAの原因に。その対策、出来ることから

AGAっていう言葉は多分ですけど10年前とかにはありませんでしたよね?医学の世界や薄毛が気になっている方たちの間ではずっと前からあった言葉なのかもしれませんが、少なくとも私が認知したのはほんの数年前、最近のことです。悪玉男性ホルモンが抜け毛の命令を出すだか、発毛のシグナルを阻害するだかよく分かりませんが、AGAの原因はこの悪玉男性ホルモンにあるようです。悪玉男性ホルモンはなぜ出来るのかと言えば、5αリダクターゼという酵素の働きで男性ホルモンを変身させてしまうようで。では5αリダクターゼを抑制すればいいんだということで、育毛剤の類にはそんな作用があるとされるノコギリヤシが使われたり、亜鉛を摂取したりという工夫がなされる訳ですね。よくストレスで禿げると言われますが、ストレスも5αリダクターゼを活性化させる要因になるそうで。これだけでAGAが回避できれば誰も苦労しませんから、AGAはもっと複雑な成り立ちをしているのでしょう。とにかく聞きかじったことは心に止めて、出来ることから始めるしかなさそうです。

AGAの診断ってなにが決め手なんでしょうね?

自分はAGAかもしれないと思った方は、AGAというワードをウェブサイトで検索してみるものではないでしょうか。AGA簡易診断表みたいなものを見つけたら、実際に試してみる方が大半だと思います。私もそうでした。だけどサイトによっては要注意であったり、心配ないだったりでどうも統一感がない…。結局正確に診断するためにはお医者さんに見てもらうしかないのでしょうか。しかしお医者さんに見てもらったところで、お医者さんって髪の毛の何を見るんでしょうね?何をもってAGAと診断するのか、今の段階では良く分かりません。例えば、薄毛や抜け毛が気になる部分の髪の毛は他の部位に比べて細くなっているらしいですが、それを見比べて調べてくれるんでしょうか。数本切って、精密なカメラで平均の太さを割り出すというのでしょうか。問診票に頭皮の柔らかさはどうかって書いてあるものがありましたが、頭皮の柔らかさを計ったりするのでしょうか。検査で悪玉男性ホルモンの影響を受けやすい遺伝子を持っているかを判断できるらしくて遺伝子と言われると確かに説得力ありますが、それは全員やる検査なのでしょうか。結局、私が言いたいのは、ある程度進行してからでなければAGAかどうかの判断ってできないんじゃないかってことです。それだったら早期発見もくそもないよなと思うのです。

亜鉛の摂取はAGAに効果があると有名ですが、本当なんでしょうか

髪の毛も体の一部ですから、食べたものから作られているに違いありません。特に亜鉛なんかは髪の毛の育成にかかせないミネラルとして有名かなと思います。亜鉛はタンパク質を髪の毛へと構築する際に必要な物質のようで、これが不足すると髪の毛の元気がなくなったり新しい髪の毛がうまく出来なかったりするのです。この点に関しては本当なんでしょうね。もちろん実感ではできませんけど。髪の毛に関わる栄養素は亜鉛に限らなくて、言ってしまえばバランス良く色々なものが必要なんでしょうが、亜鉛は日常の食生活で十分な量摂取することが難しい割に、消耗する機会が多いことが問題みたいです。ストレスがかかると大量に消費するとか、アルコールの処理に使うとか。特に男性の場合、射精のたびに大量の亜鉛を消費することになるらしいです。だから、射精の機会が多い方はとくに亜鉛不足に陥りやすいらしいですよ。さらに亜鉛はAGAの原因である悪玉男性ホルモンを生成する5αリダクターゼを抑制する働きも持っていると言いますから、これが不足することで単純に悪玉男性ホルモンが増えると考えていいすよね。だから亜鉛不足はダメなんだ。

AGAの原因はジヒドロテストステロンっていう悪玉男性ホルモンです

AGAで抜け毛があった箇所はジヒドロテストステロンという悪玉男性ホルモンが高濃度で存在しているようです。これがヘアサイクルを短くさせ、成長しないうちから脱毛させるので、だんだん髪の毛が薄くなっていく。ジヒドロテストステロンが作られる原因は毛乳頭や皮脂腺に存在する5αリダクターゼという酵素にありますから、AGAに効果があるという育毛剤、発毛剤はこの5αリダクターゼの働きを抑制するようにできているらしいですよ。そもそも5αリダクターゼはもともと体内に備わっているもので、これを減らしたりすることはできません。だからその働きを阻害するしか方法がないのですね。ちなみに、体内の抗酸化作用が弱まると5αリダクターゼは活性してしまうといいます。抗酸化作用が弱くなってしまう原因は、飲酒や喫煙、ストレスなど。AGAと生活習慣が密接に関わっているということですね。だからこそ、薄毛や抜け毛を気にするのなら、生活習慣や睡眠時間、食習慣など、トータルで見直す必要があるのです。

AGAを引き起こす男性ホルモンとそうでない男性ホルモンは違います

性別にかかわらず、誰もが持っている男性ホルモンですが、男性にとってはときにすごく憎たらしい存在にもなりますよね。無駄毛が増え、増えるどころかたくましくなって見た目が悪い。処理をしようとすれば大変で、しまいには髪の毛ばかりを抜いていく。誤解されがちですが、抜け毛を促進させる男性ホルモンはあくまで5αリダクターゼの働きによって変身させられた悪玉男性ホルモンです。普通の男性ホルモンは毛を濃く、太くする働きをします。それどころか、男性ホルモンは男性を男性らしい体にするには必須のホルモン。筋肉をつけ、性欲を起こさせ、やる気を漲らせる力があります。男性ホルモンは男性が男性らしく生きていく上でなくてはならないものなのです。男性ホルモンが少なきゃ少ないで女性的になるだけでそんなに困らないかもしれませんし、最近ではそういう人が多いみたいですけどね(男性ホルモンだけのせいかどうかは分かりませんが)。憎むべきは悪玉男性ホルモンということです。

AGAチェックで一喜一憂。本気でやばいと思ったらお医者さんへ

AGAのこと心配になりすぎて、ネットでいろいろ調べようとしたことがある人なら分かると思うのですが、けっこういろんなところでAGAの簡易チェックみたいなものが見つけられます。簡単な問診票みたいなところで。私もやってみたのですが、結果はサイトによってけっこう違う。このままいけば大丈夫、70歳くらいまで髪があると言われるところもあればAGAの可能性がありますってところもあります。可能性で言ったら誰でもあるだろ…、って思ったし、あくまで簡易チェックだから真に受けたりはしませんが、やはり大丈夫と言われたら安心、AGAかもと言われたら焦ってしまいます。印象としては具体的に髪の毛の様子の違いに気づいているならけっこうAGAの危険性高いみたいです。髪の毛細くなってきたとか、抜け毛が増えたとか。遺伝の可能性を問う項目もありますが、悪玉男性ホルモンの影響を受けやすい体質かどうかはやっぱり病院に行かなきゃわかりません。抜け毛とか多いし、親もその親も禿げてるしって心配になった方は、早めに病院に行って対処してくるといいと思います。

AGAと高血圧の関係はあるような、ないような…

AGAの治療薬としてよく見かけるのはフィナステリドっていう成分を含むプロペシアっていうのと、血管を拡張させる効果を持つミノキシジルっていう薬です。ミノキシジルはもともと血圧を下げるための薬だったのですが、服用している人の毛の量が増えたという副作用に着目して、AGAの治療薬として使われるようになったのですね。そのせいかどうかわかりませんが、AGAと高血圧は関連があるという認識を持っている人も多いみたいです。でもはっきりと高血圧はAGAを促進させるって書かれているところも見つからないですし、本当かなあ?と言ったところ。しかし、血圧が高くて良いってことはありませんよね。血圧が高いってことは少なからず動脈硬化の気があったり、ということは食生活が偏ってるのかもしれない、緊張しっぱなしのストレス過多生活かもしれないし、睡眠不足なのかもしれない。だからこうだからAGAっていうのはないんじゃないかな。体は全部繋がってるわけだし、色んな原因が重なり合って結果になるわけですからね。髪を気にするなら健康に気をつかえということでしょうね。

AGA治療をすれば誰にでも効果はありますか?

結論から言って、誰でも治療すれば効果があるとは言えないようです。しかし、いつから治療を始めるかにもよるのでしょうが、半年から一年も治療をすれば90パーセント程度の人には何らかの効果が見られるそうです。それが元の通りふさふさになるのか、以前に比べれば抜け毛が減ったということなのか、ほんのすこし生えてきたということなのかはわかりませんが、とにかくほとんどの人がなんらかの効果が表れるのを実感しているらしいです。それにしても、やはり治療は早めに始めた方が効果が出るものだと思います。一度ツルツルになってしまってからでは、やはりいかに効果的な薬と言えど荷が重い。それに毛根が完全になくなってしまってはやはり回復は難しいようです。目安としては脱毛してから5年以上経過してしまった場合にはもう回復は難しい状況だと言います。それにしても、一昔前は頭が薄くなってしまったら運命に身を任せるしかなかったものが、今では抵抗する術がある。すごいことですよね。

AGA治療は保険適応外なので高額になるらしい…。保険効いて欲しいですよね

禿げたところで死ぬ訳でないし、痛くもかゆくもないからでしょうか。AGAの治療は保険適応外なんだそうです。よく考えたらエステに行って脱毛したり、脂肪吸引してもらったりするのと一緒ですもんね。確かに医師に見てもらうとは言え自由診療なことに依存はありません。しかし保険効いたらなあって思います。それでももしかしたらネット通販でお薬買った方が安くあがるのかもしれませんけどね。でも安いお値段で気軽にお医者さんに相談に乗ってくれるなら、私はその方が心強いなって思います。いい先生なら励ましてくれそうですしね。副作用とか出たとき不安になるだろうし。そういうのまったく心配ない。俺は俺でやるって人はネット通販が便利です。通わなくていいからお薬どころか通院にかかるお金まで節約できるんですからね。それに実際は先生だってそんな親身になってくれないでしょうし。もしかして、AGA専門の先生って相当頑張らないといけないのではないでしょうか。

よく親がハゲてたらハゲるっていうけど、AGAも遺伝なんでしょうか

親がハゲてたらハゲルって昔からよく言いますよね。完全に遺伝だって。特に母方のじいちゃんがハゲてたら隔世遺伝でハゲる確率が高いって、ほんとのところはどうなんでしょうかねえ。ちなみにAGAは遺伝の影響があるらしいです。近親者の誰がハゲだからどうっていうのはあんまり信憑性なくて、結局ハゲる遺伝子を持っているかどうかなんだろうけど、悪玉男性ホルモンの影響を受けやすい体質を作る遺伝子っていうのは確かにあるみたいです。これを持っているかどうか、つまりハゲの資質を持っているかどうかは、お医者さんに遺伝子検査をしてもらうことで分かるらしい。結果によってはAGAになる確率高いから、なんらかの手を打ちましょうってことが出来るってことですね。遺伝子は変わるものではありませんから、まだ頭髪に変化が見られなくても検査自体は可能。早めに見てもらえば何か変えられるかもしれませんよ。でも反対に言えば、これから遺伝子治療なんかで根本的にAGAを治したり、未然に防いだりすることもできるようになるかもしれないってことですよね。

実は女性にもあるAGA。男だけの話だと思ってたら大間違いですよ

女性特有の病気とか、男性特有の病気とかありますけど、AGAはなにも男性だけのものではないらしいです。AGAは日本語では男性型脱毛と呼ばれますから男性のってイメージがありますけど、実際は薄毛で悩む女性の中でも随分多くの人がAGAなんだそうです。ごく稀に女性にもっていうのではなくて、女性も普通にAGAにはなるということです。でも男性とは髪の薄くなり方が違うようで、女性の場合の髪の毛が細く、薄くなりましても、男性のようにつるつるになる訳ではないのが特徴。だから男性ほど深刻じゃないっていうのは言えると思います。それでも薄毛に悩む女性にとってはちょっと薄くなるだけでも問題ですよね。髪は女の命って言うくらいですもんね。ボリュームがなくなって、おしゃれできない痛手は男性よりも大きいかもしれません。女性もAGAなのか、AGAになる可能性があるのか、遺伝子検査が出来るみたいです。もし気になるなら、一度試してみてもいいかもしれません。

女性のAGAの治療は男性の場合と違います。よく調べてみてくださいね

男性はフィナステリドを飲めばAGAの治療となりますが、これは女性は絶対服用してはいけないお薬です。激しい副作用が起こることがあるばかりか、妊娠中の女性などは服用することで胎児に影響が出る可能性があります。女性は触れるのもいけないくらいダメなお薬です。女性の場合、AGAはストレスや過度のダイエット、更年期、ホルモンバランスの乱れなどが原因でAGAの症状が起こることがあると言います。女性本来のホルモンバランスになるよう、体に整えて治療するのが正しいみたいですから、自己判断でプロペシアやエフぺシアなどを注文して飲まないようにしてくださいね。通販サイトでも女性には売れませんって書いてあると思いますが、嘘でもなんでもついて購入することは可能ですから、念をおしておくことにします。女性専用の育毛剤などもありますから、ぜひそちらをお試しください。

AGA対策にシャンプー選びは大事なようですけど、やけに高いんですよね

最近ではすっかりスカルプケアって単語も知れ渡ってきましたが、これだって数年前までは全く知りませんでした。スカルプケア出来るシャンプーってCMとかでもよくやってるし、ちょっと探せばそういうシャンプーってたくさんあります。AGA対策に良いシャンプーっていうのもあるみたいですけど、どうしてAGAに効果があるのかはちょっと見た感じではわかりません。だってAGAに治療効果があるのはフィナステリドやミノキシジルみたいな一部の成分です。シャンプーでケア出来るのは詰まってしまった皮脂汚れとか、乾燥とかがせいぜいで、あとは栄養成分を配合することで髪の毛を元気にってことなんでしょうね。皮脂汚れが原因で髪の毛が抜けるのはAGAじゃないんじゃないの?よってAGA対策シャンプーっていうのはおかしいんじゃないの?って思います。実際、シャンプーを使う人はともかく、それらのサイトでAGA対策になんて書いていませんから、嘘だって言ってる訳じゃないんですけどね。ただの良いシャンプーなんだけど、たぶん多くのものはAGAには効かないんじゃないかなってことと、あと高すぎるってのがピンとこないですね。

出来ることから始めましょうAGAの予防策

AGAは男性ホルモンが大きく影響していますから、男性ホルモンを抑えればいいんじゃないかって考える人も多いと思います。私もそうでした。でも男性ホルモンってどうやって抑えるんだ?とすぐに壁にぶつかりました。男性ホルモンが分泌されるのは運動をしたときや性的に興奮したときだと言いますから、息をひそめ、性欲を立ち生きていれば多少は男性ホルモンが抑えられるかもしれません。でもそんなことをして何になるでしょうか。見方によっては不健康だともいえます。結局行き着いた結論は、AGAの原因になるのは悪玉男性ホルモンなのですから、それが増えすぎないように出来ることをやるのが大事なのだということです。ストレスを溜めないようにして、食生活や生活習慣を見直す。具体的には栄養バランスに気をつけて、野菜を多めに摂る、しっかり睡眠をとる、お酒は飲みすぎない。タバコは吸わない。これで体が酸性に傾くのを防ぎ、悪玉男性ホルモンの増殖を抑えることが出来るのです。髪の健康は体から、なのではないでしょうか。

AGAの前兆を見逃さず早めの対処を

AGAには前兆があるといいます。言われなくても大体わかってるけどね。髪の毛を見てこれやばいんじゃない?って思ったことってあると思いますが、だいたいそういうのってAGAの前兆らしいです。例えば、単純に抜け毛が増えるとか。でもこれは時期的な抜け毛のこともあるそうで、一時的に抜け毛が増えてもそんなに気にすることはないそうです。でも抜けている髪の毛がまだ未発達っぽかったら要注意。ヘアサイクルが乱されている証拠です。他にも生え際の髪の毛が細く、明らかに抜ける量が増えている。額の面積が大きくなっているというのも前兆。これはそうですよね。前兆というかすでに始まってる。頭皮の様子を見てみれば、皮膚が赤茶けているとか、触ってみたときに柔軟性がないとかってことあると思いますが、それもAGAの兆候として見られるものです。頭皮環境が悪くなって、肌が荒れ、皮膚が固くなっているのです。きっと少なからずほとんどの人は心当たると思うのですが、どうなんでしょう?大事なのはこの時点でよく髪の毛のことを考えて生活するようにするってことですね。